Jリーグ無党派層のブログ

INUUNITEDと猫シティ。Jリーグと猫。

time 2016/04/21

INUUNITEDと猫シティ。Jリーグと猫。

sponsored link

INUUNITEDと無党派層

はじめまして、猫シティです。今日は僕と師匠の話をします。

僕はこのブログ(Jリーグ無党派層のブログ)を4ヶ月前にスタートさせたのですが、始めるきっかけとなったのがINUUNITED(中の人の名前は「いぬゆな」)というブログでした。知らない人のために教えておくと、INUUNITEDとはJリーグファンから絶大な支持を集めているブログで、ムロツヨシ似のジェフ千葉サポーターが運営しています。彼のような文章を書きたい、彼のように少しでもJリーグに貢献したいという思いから、INUUNITEDを追いかける形でブログを始めました。言ってみればいぬゆなさんは僕にとっての師匠です。というか勝手に弟子を名乗っていました。

努力が認められたのか、時間が経つにつれて僕はいぬゆな師匠に一目置かれるようになり、たびたび記事を評価してもらえるほどになりました。僕たちは本当の師弟関係のように歩み始めたのです。

師匠の教えに従い、僕はメキメキと力をつけていきました。文章の技術はみるみる向上し、ブログのアクセスも今のところ順調に伸びています。さらには記事がTwitter上で大規模に拡散されたり、「Dear Magazine」というサイトでライターデビューしたりと、師匠の境地に一歩ずつ近づいていたのです。

そして一昨日。僕は師匠の愛するクラブ、ジェフ千葉に絡めた記事を書きました。師匠から伝授された奥義を駆使しながらも師匠のために書いた文章です。これまでにない手応えを掴んだ、会心の出来でした。するとこの記事を読んだ師匠が、いつものようにコメントを残してくれました。

免許皆伝。

免許皆伝 意味

武術や技術などの奥義を、師匠が弟子に残らず伝えること。▽「免」「許」はともに許すこと。「皆伝」は師から奥義をすべて伝えられること。

引用元:goo辞書

つまり、「もうお前に教えることはない、お前は一人前だ、弟子を卒業しなさい」ということです。

気づいた時には、僕の頬には涙が伝っていました。この涙が何を意味するのかはわかりません。師匠に認められた嬉しさなのか、それとも師弟関係がなくなり師匠の元を離れる寂しさなのか。ですが何の涙であろうと、僕はすぐ、次の目標に向かって前を向きました。次の目標、それは、このブログをINUUNITED以上のブログにすること。INUUNITEDはすでに、僕にとって目指すべき存在ではありません。超えるべき存在、打ち負かすべき存在なのです。僕はここで宣言します。このブログ、Jリーグ無党派層のブログは、INUUNITEDのライバルになります。

INUUNITEDのライバル

ライバルとしての正しいあり方を考えました。彼と対の存在になるというのはどうでしょうか。

自分の名前を変えることにします。僕はいままで自分のことを「muto」あるいは「無党派層」と名乗ってきました。ですが常々、もっとしっくりくる名前が欲しいと考えていました。なのでまずは、ライバルらしい名前を名乗ろうと思います。

INUUNITEDとはジェフユナイテッド千葉に関連付けて「犬」と「ユナイテッド」を組み合わせたブログ名です。なので僕は、「犬」と対になる「猫」、「ユナイテッド」と対になる「シティ」から、「猫シティ」を名乗ることにしました。ユナイテッドの対がシティというのは、イングランドのマンチェスターを本拠地とする2つのクラブに由来します。なおブログ名はJリーグ無党派層のブログのままで変更はありません。

Jリーグと猫

そして改名だけでは不十分でしょう。猫好きをアピールします。もともと猫は好きなので、この点については問題ありません。とりあえず猫を可愛がってみましょう。

「タマ、おいで」と呼びます。

タマがスタスタと駆け寄ってきます。

ニャーと鳴きます。

僕の顔をシャカシャカと引っ搔きます。

ゴロンと転がります。

僕がお腹をナデナデします。

毛なみはサラッサラです。

気持ちよさそうにニャーと鳴きます。

実を言うと、僕は猫アレルギーです。猫に触ると目のかゆみが止まりません。なので僕が可愛がれるのは空想上のタマのみです。猫が大好きなのに猫アレルギーだなんて本当に残念な話ですね。

猫に触ることはできないので、猫っぽい人と触れ合うことにします。やっぱJリーガーがいいですね。猫っぽいJリーガー…。いました。マリノスのラフィーニャです。今は怪我をしていてサッカーができないので、触れ合える時間がたくさんあります。

ラフィーニャ

僕「おいでラフィーニャ」

ラフィーニャ「ニャー」

僕「ほうら、猫じゃらしだぞ」

ラフィーニャ「ニャッニャッ」

僕「あはは、ラフィーニャはかわいいな〜」

ラフィーニャ「ニャーオ」

僕「自分でもそう思うか〜」

ラフィーニャ「ニャー」

僕「ニャー」

ラフィーニャ「ニャー」

僕「ニャーニャー」

ラフィーニャ「リハビリあるから行くね」

三田啓貴

ラフィーニャと触れ合った後はベガルタの三田啓貴とも触れ合います。愛称が「タマ」なので彼も猫みたいなものです。

僕「タマ〜、会いたかったよ〜」

三田「にゃー」

僕「ごろり〜ん」

三田「にゃおーん」

僕「タマはお利口さんだな〜」

三田「にゃーん」

僕「にゃっにゃっ」

三田「にゃ?」

僕「にゃにゃん」

三田「にゃにゃ??」

僕「にゃんにゃ〜」

三田「にゃーん……」

INUUNITEDと猫シティ

僕がどれだけ猫好きか分かっていただけたかにゃ。頭がおかしくにゃったわけではないのにゃ。犬のライバルににゃったのにゃ。ニャーはINUUNITEDを超えるのにゃ。超えにゃければにゃらにゃいのにゃ。ニャー、ニャニャニャーン、ニャーオ。ニャッニニャット、ニャンニャンニャン、ニャオーン。

ニャッニャニャッ。ニャーオニャーゴニャー。ニャニャニャーン。ニャッ。


sponsored link

down

コメントする




ブログ管理人

猫シティ

猫シティ

さいたま在住の大学生。多数のレッズサポと少数の大宮サポに囲まれながらも、どのクラブも贔屓しない「無党派層」であり続けている。INUUNITEDのライバルとして猫シティを名乗っている。

follow us in feedly


sponsored link