Jリーグ無党派層のブログ

謎を解く。ヴィッセル神戸のGKはなぜ背番号1をつけないのか

time 2016/02/28

謎を解く。ヴィッセル神戸のGKはなぜ背番号1をつけないのか

sponsored link

背番号1のGK

現象には必ず理由がある。

昨季に引き続き、今季もヴィッセル神戸の背番号1は空き番となった。今季は韓国代表GKキム・スンギュが加入したが、背番号は空いていた1番ではなく18番である。

一般的なクラブであれば、背番号1のGKが退団した際には新たな選手が1番を背負う。今シーズンであれば、鹿島は佐藤昭大から櫛引政敏、川崎は松井謙弥からチョン・ソンリョン、湘南は秋元陽太から村山智彦に背番号1が受け継がれている。

神戸で2012~14年途中まで背番号1をつけたのは植草裕樹。植草がV・ファーレン長崎に移籍して以降、新たに1番をつける選手が現れない。これは少し奇妙だ。

Jリーグで今季背番号1が空き番なのは、神戸のほかにFC東京と福島ユナイテッドFCの2クラブがある。

福島の背番号1は2013年に安藤淳也が背負ったのを最後に空き番となっており、これも奇妙だ。

FC東京は昨季まで1番を背負った権田修一が退団し、湘南から秋元陽太が加わった。権田は期限付き移籍であるため1番が空き番になるのは理解できるが、秋元の背番号47は不自然なほどに大きい。秋元の他にも今季国内クラブからFC東京に加入した選手たちはやけに大きな背番号をつけており、これまた奇妙だ。

神戸のほかにも「背番号の謎」があるクラブが2つ見つかった。しかしこの二つはいずれ考えるとして、今回は神戸についてのみ考えていきたい。

徳重健太は30番に強いこだわり

現在神戸に所属するGKの中で最も在籍期間が長いのが、背番号30の徳重健太だ。2005年途中に浦和レッズから神戸へ移籍し、そこからは神戸一筋である。加入後しばらくは出場機会が限られたが、2011年はリーグ戦全34試合に出場した。11年に背番号1をつけた紀氏隆秀はこの年で退団したため、新シーズンから徳重が1番を背負うのが自然な流れだ

しかし新たに背番号1をつけたのは新加入の植草。植草は11年にモンテディオ山形で16試合に出場している。この数字を見るかぎり、神戸のフロントが新シーズンの主力として考えていたのは間違いなく徳重である。実際に12年は徳重がリーグ戦31試合に出場。植草の出場はなかった。

ここからわかるのは、徳重の背番号30への強いこだわり。おそらく11年オフに背番号1への変更の打診があっただろう。しかし徳重は7年間背負ってきた30番に愛着を感じており、背番号変更の打診を断った。あくまでも推測だが、このような経緯で徳重が現在も30番を背負っているのではないだろうか。

山本海人は1番を敬遠

13年に清水エスパルスから神戸に加入した山本海人。加入から現在まで背番号22は変わらない。14年には終盤こそ定位置を失ったものの、リーグ戦27試合に出場。この年限りで背番号1の植草が退団したため、本来なら山本が新たに1番を背負うはずだ。しかし山本の背番号変更はなく、15年の背番号1はまさかの空き番。山本が背番号を1に変更しなかった原因は2つ考えられる。

一つは、基本的に正GKが背負う番号である1番が、自分にはふさわしくないと考えたというもの。終盤になってレギュラーを徳重に奪われたことが心残りだった。チームの絶対的な存在になるまでは1番をつけないという思いから、山本は背番号変更の打診を断ったのだ。この説なら、昨季終盤に故障離脱した山本が、今季も1番をつけないことにも納得がいく。

そしてもう一つは、背番号1が山本にとって縁起が悪いというもの。山本は清水時代、09年途中にポジションをつかみ、日本代表に選ばれるまでになった。そして新シーズンより背番号を29から1に変更し、清水で守護神としての地位を築くはずだった。しかしその後は主力に定着することができず。出場機会減により神戸に活躍の場を移すことになっている。

このように山本は、背番号1時代に苦い経験をしている。山本が背番号1を敬遠するようになっても不思議ではないだろう。

最大の謎、キム・スンギュ

キム・スンギュに関しては情報が少ないため、憶測をすることも難しい。強いてキムが背番号1をつけない理由を推測するならこの二つが考えられる。

一つは神戸のフロントが、今季大分トリニータに期限付き移籍した吉丸絢梓に、来季から1番を背負わせる意向を持っているというもの。吉丸はこれまで世代別代表を経験してきており、14年には手倉森ジャパンにも招集されている。このような実績から、吉丸が将来の正GK候補筆頭であることは間違いない。キム・スンギュは背番号1を選ばなかったのではなく、与えられなかったという説である。

もう一つは、キム自身が背番号を変えて心機一転したいというもの。昨季は韓国・Kリーグの蔚山現代で1番をつけていたキム。シーズンを通して主力でプレーしたのだが、最後の2試合を欠場している。この原因は分からないが、これに引っかかるものがあり、背番号を変えて新たな気持ちでプレーしたいと考えた可能性がある。

【追記】

情報提供により、キム・スンギュについては解決した。18番は昨季を除き小学校時代からつけている番号で愛着があるそうだ。

http://siokan5000.blog.fc2.com/blog-entry-4469.html?sp

トモニトコウ、謎を。

大卒2年目の松澤香輝が1番をつけないことには納得できるだろう。大学時代から大きな実績があったわけでもなく、プロでの出場経験もない。松澤にとって1番はまだ重すぎる

今回は主にGK3人について考察した。ある程度の推測はできたものの、謎を解明するには至らなかった。もし何らかの手掛かりを持っている方がいれば、ぜひ私に教えてほしい。ヴィッセル神戸・背番号1の謎、情報提供者募集中。


sponsored link

コメント

  • キムスンギュ自身が18番に思い入れ(好き?)があり18番を希望したからですよ!

    by 歌えよクルヴァ €2016年3月13日 1:10 AM

    • 情報提供感謝します。昨シーズンを除き18番をずっとつけていたようですね。

      by muto €2016年3月13日 9:25 AM

  • FC東京についてですが、どうやらレンタル放出の選手がつけていた背番号は基本的に空き番号にする慣習だそうです。

    by スタジアムから1キロの漢 €2016年3月16日 10:05 PM

    • 情報ありがとうございます!記事を修正しました。

      by muto €2016年3月17日 12:07 AM

down

コメントする




ブログ管理人

猫シティ

猫シティ

さいたま在住の大学生。多数のレッズサポと少数の大宮サポに囲まれながらも、どのクラブも贔屓しない「無党派層」であり続けている。INUUNITEDのライバルとして猫シティを名乗っている。

follow us in feedly


sponsored link